FC2ブログ
日々の健康を維持するために健康商品を調べるよ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
健康と食事健康と食事
ルドルフ・シュタイナー
イザラ書房 刊
発売日 1992-03



この本でタバコをやめました 2004-06-03
私は、20数年ヘビースモーカーで、何度も禁煙に失敗しましたが、この本を読んでタバコをやめました。もちろん、タバコの止め方なんて書いてあるわけではありません。書いてあるのは、心臓の拍動と呼吸の関係が、大宇宙のリズムと見事に照応していること、そして、喫煙は拍動を速めてこのバランスを崩すことにより、生のリズムを壊すということです。信じられないかもしれませんが、私にはこの「生のリズムが壊れる」ということが、ガンその他の警告よりも効き目がありました。以来7年間、まったく吸っていません。私はこれでやめましたが、他の方もやめられるという保証はまったくありませんので、悪しからず。

身近なところでシュタイナーを感じられる 2004-02-22
この本が、何を食べたら健康に成れるかと、思って読むのだったら、きっとがっかりするだろう。
現代栄養学になれてしまった頭では、想像に屈することになるだろう。近所に居そうな物知りなおじさんが語ってくれそうな、そんな愉快な言葉が並ぶ。「ジャガイモを食べたら愚鈍に成ります」「牛は肉を食べたら狂います」。それらが根拠のない話かと言うとそうではない。
ジャガイモの澱粉は、消化するエネルギーが他より多く必要になり、腹に長く留まり、頭に必要な栄養が行き渡らなくなるからだ。
草食動物が肉を食うのは、もってのほか。今日の狂牛病を暗示させる言葉。体の滋養になる食物とはどういうものか、自分を育てるためにはどのような食物を選べばいいのか、伝統食生活の安易な崩壊は、何が問題か、まず自分が気がつかなければいけない。
ですが、楽しく読める一冊です。


.





スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://helthdego.blog54.fc2.com/tb.php/26-f7ad89a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。